配管の水のトラブルは家主が最初に変化に気づくことが多い

水のトラブルの中でも配管に関するトラブルでは、明らかにこれまでと違う変化があることに気づくことがあります。専門的なことが何もわからなくても、些細な変化に気づくことができるのは家主だけです。そのため、水のトラブルによる被害が大きくなる前に、どのような異変が起こる可能性があるのか知っておくと安心です。

■排水溝から変な臭いが漂ってくる

例えば排水溝から嫌な臭いが充満するようになったという変化が見られることがあります。排水溝は生活水を流すところだから変な臭いがするのは普通だと勘違いしている方もいます。しかし、排水溝は本来、その構造から臭いが逆流しないように出来ています。なぜなら下水には有毒なガスが含まれることもあり、そのガスが逆流しないような作りになっているためです。悪臭がするということは構造の中で何かトラブルが起きている証拠で、その多くは排水トラップが壊れていることによるものと考えられます。

■排水溝の水が逆流してきた

排水溝は生活水が流れるところですから、その水が逆流してくるのは大変なことです。排水溝に流れる生活水の中に髪の毛や糸くず、食べ物のカスなどが混じっていると、そのまま流れてしまい、排水管の中で詰まってしまいます。こうなると生活水が流れにくくなりますから、流しきれない生活水が逆流してくるというわけです。排水管の中の詰まりは専用の洗剤などを流すことでトラブルを解消することもできますが、詰まりの被害が大きければ専門業者へメンテナンスを依頼しなければなりません。

■まとめ
水のトラブルは自力で解決できるものもありますが、配管にまつわるトラブルは自力で直せないこともあります。明らかに以前と違う変化を察知したら、出来るだけ早いトラブル改善が必要です。このままの状態を放置しておけば明らかにトラブルによる被害が大きくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ