工事が必要な水のトラブルでは加害者にも被害者にもなりうる

戸建てで水のトラブルが起きたときは自分の家の中だけの話になりますが、マンションやアパートの場合は、自分が加害者にも被害者にもなる可能性があります。水のトラブルに巻き込まれるか、それとも巻き込んでしまうか考えれば考えるほど心配が尽きませんが、もしも加害者や被害者になったときはどうすればいいのでしょうか。

■水のトラブルで加害者になってしまったら

目に見えて分かる水のトラブルならすぐに気づきますが、配管のように見えないところでトラブルが起きているとなかなか気づかず、気づいたときには被害が拡大していることがあります。場合によっては工事が必要になりますし、自分の部屋の下の階や隣の部屋に被害が広がる可能性もあります。もし建物そのものの老朽化であれば部屋の住人ではなく、建物の管理者が責任を問われるので心配する必要はありません。ただし、水を出しっぱなしにして水浸しになったり、洗濯機の排水ホースが外れて床が濡れるなどこちらのうっかりが原因の場合は賠償しなければなりません。

■もしも被害者になってしまったら

被害者になってしまった場合、相手が賠償責任保険などに加入してると、こちらで被害を受けた分の保証は保険で賄ってもらえます。しかし、個人で加入している人はほとんどいないと言います。そのときは相手が火災保険に加入しているか確認してください。火災保険の特約によって、水のトラブルによる被害を保障してくれることもあります。被害を受けたからといって泣き寝入りする必要はないのです。

■まとめ
工事が必要になるほどの水のトラブルが起きてしまうと、時間を撒き戻すことはできないものかと思うほど追い詰められてしまうこともあります。万が一に備えて、水のトラブルによる被害が起こる可能性を考えて火災保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ